まずは受注から、副業で稼ぐ3つのサービス

まずは受注から、副業で稼ぐ3つのサービス

会社が副業オッケーになったから副業を始めたいけど、何から始めていいかわからない。

休日や退勤後、とりあえず小遣い程度稼げたらうれしい。

だけどどうやって受注したら良いのかわからない。

本記事では、副業したい方がとりあえず受注をするために使うべきツールをご紹介する。

キーワードは、”クラウドソーシング”だ。

副業で稼ぐためにはクラウドソーシングを使え

まず下の画像を見てほしい。

これはクラウドソーシングサービスのビジネスモデルである。

一言でいえば、クラウドソーシングサービスとは「仕事が欲しい副業者と、仕事を依頼したい企業をマッチングさせるサービス」である。

つまり副業をしたい人はクラウドソーシングサービスを利用することによって、わざわざ営業活動をすることなく仕事を受注することができる。

そもそも本業と副業を掛け持ちするあなたに仕事を受注するのにかける時間はないはずだ。

また掲載されている仕事数もかなり多い。

後程ご紹介するクラウドワークスを例にとると、2019年の時点で掲載案件数は300万件である。

簡単に時間をかけず仕事を受注するために、クラウドソーシングはもってこいのサービスなのだ。

おすすめのクラウドソーシングを3つご紹介

早速副業者におすすめのクラウドソーシングサービスを3つご紹介する。

それぞれ特徴があるため、あなたに合ったサービスを選んでほしい。

まずは全てを使ってみるのもありだ。

クラウドワークス

株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサービスである。

2019年の時点で、掲載案件数は300万件、ユーザー数は316万人、クライアント企業数は47万社と日本最大のクラウドソーシングサービスとなっている。

クラウドワークスの特徴は、どのサービスよりも受注しやすいということである。

理由を説明しよう。

クラウドワークスには、「だれでもいい案件」が多く掲載されている。だれでもいい案件というのは単価が安く、特別な知識も不要な、誰に任せてもいい案件のことだ。

そもそもまだ実績がない副業初心者が案件を受注することはかなり難しい。

副業初心者は数をこなし実績を積み上げていくことによって徐々に単価の高い案件を受注できるようになる。

まずは「だれでもいい案件」を数多くこなすべきなのだ。

実際にクラウドワークスの社員から聞いたのだが、クラウドワークスは受注者を最も大切にしている。そのためだれでもいい案件からプロレベルの案件まで幅広く掲載しているとのことだ。

クラウドワークスは副業初心者にもってこいのサービスである。

▼クラウドワークスはこちら▼

https://crowdworks.jp/

ランサーズ

ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスである。

案件数は公式に発表されていないが、ユーザー数は110万人以上の国内2番目のクラウドソーシングサービスとされている。

また設立が2008年とクラウドワークスよりも早く、日本のクラウドソーシングの草分け的存在である。

ランサーズの特徴は、高単価の案件が多く掲載されていることである。

ランサーズはクラウドワークスとは異なり、クライアント企業に重きを置いている。

そのためプロ向けの案件を多く掲載し、必然的に高単価になる。

自分のスキルをフル活用したい副業者にとって最適なサービスである。

▼ランサーズはこちら▼

https://www.lancers.jp/

ココナラ

ここまで紹介した2つとは色の違うサービスを紹介する。

ココナラは、株式会社ココナラが運営する「スキルマーケット」サービスである。

前述の2つは掲載案件に「〇円で受注したいです」と提案する形式だったのに対して、ココナラは「自分のスキルを〇円で売ります、買いませんか?」という形式だ。

依頼者側が案件を掲載するのではなく、受注者側がスキルを掲載し、それに対して依頼を待つという形だ。

仕事で養ったスキルで副業を始めたい、スキルを売りたいというような人にとって最適なサービスだ。

▼ココナラはこちら▼

https://coconala.com/

まとめ~副業初心者はクラウドソーシングサービスで実績を積む~

最後に大切なことを言う。

副業初心者はまず案件にこだわらず実績を積もう

実績のない状態で高単価な案件を狙っていてはクラウドソーシングを利用しても仕事を受注することはできない。

まずは案件(内容、金額など)にこだわらずどんどん受注していこう。

案件にこだわらずクラウドソーシングを利用すれば必ず受注できる。

早速、クラウドソーシングに登録しよう。

副業カテゴリの最新記事