株式投資は副業にあたるのか?株を始める前に知っておくべきこと

株式投資は副業にあたるのか?株を始める前に知っておくべきこと

株を始めたいけど副業にあたらないか心配。

会社が副業を禁止しているからばれたらヤバイ・・・。

そんなあなたに本記事では株式投資が副業にあたるかどうかを徹底解説します。

株式投資は副業にならない

まず結論から述べると、「株は副業にあたらない」だ。

その理由を具体的に説明しよう。

そもそも副業とは

そもそも副業とは何か?

先に弁解しておくが、副業をどう解釈するかは企業次第ある。

一般的に言うと、副業とは「本業以外のプライベートな時間、余暇の時間を使って本業以外の仕事をすること」だ。

企業が副業を禁止する理由は、業務上の秘密が漏洩する、労務提供上の支障が生じるなど、自社の利益を害される心配があるためである。

では株式投資は、「仕事にあたるのか?」「自社の利益を害するのか?」について考えていこう。

株式投資は「仕事」ではなく「資産運用」という考え

株式投資は「仕事」ではない、「資産運用」と考えることができる。

最近はやりのiDeCo(個人型確定拠出年金)、NISA(少額投資非課税制度)などと同じ、個人で行う資産運用だ。

資産運用を企業が制限することはできない。

株式投資を「資産運用」と考えれば、株は副業には当たらない。

一般的に株式投資は自社の利益を害さない

多くの場合、株式投資は自社の利益を害さない。

もちろん就業時間中に売買を行う、会社で得た情報を利用する(インサイダー取引)など行えば、それは自社の利益を害す。

しかし、常識の範囲内で株式投資を行えば会社に損害を与えることはない。

ちなみに銀行員が株式投資を禁止されている場合があるが、それはインサイダー取引の可能性があるためだ。業務内容によっては株式投資を行えない場合もあることは認識しなければなれない。

このように例外もあるが、自社の利益を害すかどうかという側面から見ても、株式投資は本業と掛け合わせることができるだろう。

まとめ~本業に悪影響がない限り、株式投資は認められる~

株式投資は「資産運用」という観点から、副業にはあたらない。

しかし本業に悪影響があれば株式投資は禁止される場合もあるだろう。

株式投資を始める前に、常識的な範囲内での投資、そして自社の状況を鑑みて、考えてほしい。

副業カテゴリの最新記事